Yahoo! Japan Auction Item Detail

二尺五寸!在銘「摂津守源正友入道作」陸奥国相馬中村藩の藩主お抱え鍛冶!白鞘・拵え付!見事な乱れ刃紋・研ぎ済み美品!江戸時代の注文打!

Click photos for a larger view
  


Login To Bid!
Seller ID: toukenbugu
Feedback: 588
  See detailed feedback
  See sellers other auctions

Item Information & Description

xvpbvx

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。今回出品する品物は、写真の刀です。





銃砲刀剣類登録証番号 埼玉県 第76340号

種別  刀
長さ  75.4センチ
反り   1.3センチ
目くぎ穴   1個 


元幅約3.1センチ 元重約0.75センチ
先幅約2.2センチ

刀身の重さ約810グラム

銘文 摂津守源正友入道作


相馬藩の中村家お抱え鍛冶の見事な御刀です。
約二尺五寸の御刀で、拵えと白鞘が付きます。研ぎ上がりの刀身で白鞘も新調しました御刀です

拵えは半太刀拵えの見事な拵えで、金具は鉄地金具を使用し、鍔も鉄地象嵌鍔です。
大鍔の見事な出来で、金具も一作の揃い金具です。ハバキは江戸期の銀着せハバキでガタツキもないですが
鞘に多少の痛みがあります。
刀身は見事な二尺五寸で、初茎の在銘品になります。研ぎ済みですので、刃こぼれや錆や刃切れなど無いですが
物打ちあたりに傷があります。見事な乱れ刃紋で鎬造りの御刀です。研ぎも上研ぎですので刃紋や刃中の働きもよく
見えて、鑑賞していてもいい刀身です。
約二尺五寸ある刀身ですので、特注の注文打ちで相馬藩中村家の注文打ちだと思います。

「正友」は、陸奥国相馬中村藩(むつのくに・そうまなかむらはん:現在の福島県相馬市)6万石の藩主であった相馬家のお抱え刀工。
しかし、寛文年間(1661~1673年)頃には山城国(やましろのくに:現在の京都府中南部)で、その後は江戸にも住して作刀を行なっていました。
時代は江戸時代の寛文から元禄時代の刀匠で、福島県の相馬では有名で、切れ味も評価が高く、裁断銘のある刀も出ています。


あとは写真と画像を見て判断下さい

質問はわかる範囲でお答えしますので、入札前にお願いします。

発送はゆうパックの着払いです。

※注意事項※

落札しましたら、登録のある教育委員会に名義変更届を出してください。

よろしくお願いします。